会社案内

会長・社長挨拶

人と共に生きる企業として

 代表取締役会長 尾上 昇 代表取締役社長 尾上 稔


OMCは明治43年(1910年)、創業者尾上茂樹によって動力農機具の製造を目的に設立されました。創業者尾上茂樹は、常々「機械は人間の手のように作れ」と説いていました。現在のOMCではこの遺訓を社是として、まさに人間の手のような「自由・自在」に機能する機械やシステムを目標に「ものづくり」に研鑽しています。

今日ではここから生まれた様々な技術の蓄積とノウハウを駆使して、飼料や肥料の製造技術、医薬品製造設備、各種食品製造設備、物流関連機器、環境関連機器などの分野にOMC独自の境地を拓いてまいりました。さらに、これらの機器を有機的に機能させるプラントエンジニアリングやFAのソフト開発にも取り組み、OMCを「人の営み」という人間の生命を支える企業としての礎を築かせていただいています。

企業に求められるもの、それは、社会への貢献に他なりません。創業100年企業の誇りと伝統を支えとして、21世紀を人と共に生きる創造性豊かなプラントエンジニアリング会社として羽ばたかせていただきたいと存じます。

社是・企業使命

社是 「機械は人間の手のように作れ 1.簡単であること 2.堅牢であること 3.有効に作動すべきこと 株式会社 尾上機械 創業者 尾上茂樹遺訓

 

私たちOMCは、飼料・肥料用機器、物流関連機器の製造・販売を嚆矢として約1世紀にわたり携わってきました。また、1世紀を越えた技術は、今、医薬・食品関連機器やシステム開発に大きな花を咲かせています。

それぞれの時代ごとに最先端のテクノロジーを活用してのご提案を心がけ、それは現在ではIT技術をフル活用してのプラントエンジニアリングというカタチに結実しています。

人々のくらし、健康、生命を守る「人の営み」を根底から支えること。

それが私たちの企業使命です。