食を支える 飼料を支える
PLANT SYSTEM MACHINE 資料請求

製品案内

プラント

迅速な対応を可能にする、OMCのプロジェクトシステム

プラント外観

いかに速く、効率よく製品を仕上げて送り出すか、OMCは飼料・肥料のプラントエンジニアリングの進化に取り組んできました。大型プラントの開発からコンピューターを利用した自動化・省力化・無人化への取り組みなど、お客様の要望を細部までくみ取り、理想的なプラントを完成させます。

専門スタッフとエンジニアで編成されたプロジェクトチーム──「業務部」「機工部」「システム部」「工場」「各事業所」がそれぞれの得意分野を活かし、多様なニーズに対応。プラントの企画から工場完成までをトータルに統括していきます。OMCの豊富な実績に基づく優れたノウハウは、産業界のあいだでも高い評価を受けています。

企画をたてる

1. 企画をたてる

優れたスタッフによりプロジェクトチームを編成。
ユーザーの要望を形にしていくための綿密な打ち合わせを行います。

 
設計する

2. 設計する

決定された企画に基づき、プラント全体のフローシート(生産の流れ図)をCADシステムを駆使して作成していきます。

 
フローシートの検討

3. フローシートの検討

企画プロジェクトチームがユーザーを交えて、フローシートの細部検討を行い、最終フローシートを完成させます。

 
製作機器検査

4. 製作機器検査

プラントに使われる個々の部品や設備機器は、ISO9001に従い厳重に検査を行います。

 
建屋施工

建屋施工5. 建屋施工

綿密に検討された企画、フローシート、試作に基づき、機能的な建屋を設計し、施工に移します。

 
工場内部仕上

工場内部仕上6. 工場内部仕上

安全で働きやすい作業環境と、衛生的で効率的な工場環境のための内部仕上が行われます。

 
集中制御室(コマンドルーム)

7. 集中制御室(コマンドルーム)

工事を管理する心臓部。OMCのエレクトロニクス技術やシステム開発力を活かし、省力化、無人化、トラブル対策などを行います。

 
完成

8. 完成

 

 

信頼性の高いアフターメンテナンス。何時でも対応可能なリモートメンテナンスの導入。

完成後の工場に、ISDNを利用したリモートメンテナンスを設置することで、万一の故障に備えた予防保全や状況監視を行うシステムを導入。 故障が生じた場合でも原因究明と復旧を迅速に行うことができ、メンテナンス対応の時間ロスも少なく、長年稼働する大型工場に不可欠のシステムです。

生産向上と合理化を両立させる、IT時代にふさわしいOMC独自の先進管理システム。

FOTCS

飼料プラントのFA(Factory Automation)システムは現在、製造工程の自動化のみならず、OA(Office Automation)分野との情報通信をはじめ、工場での入出荷管理から製品出荷まで全てをコンピューターで管理し、事務処理、品質管理、監視制御に至る生産効率の向上を可能にするトータルシステムが求められています。



OMCが独自に開発した「FOTCS」は、飼料プラントのFAシステムの確立を目指して開発されました。配合飼料工場の部門別業務管理と製造工程の制御管理をコンピューターネットワークにより統合し、工場管理の合理化と生産効率の向上を同時に実現するFAトータルシステムです。

FOTCSは新設工場だけでなく、既存工場のFA化にも対応可能。先進のソフト技術とハード技術の融合が、理想的な工場管理システムを可能にします。

無人工場の実現をサポートするトータル・コントロールシステム"FOTCS"

FOTCSのモデルシステムは、合理的なコンポーネントによるネットワーク・システムを採用。このためシステム構築の自由度が高く、現実に即した情報管理を実現できる飼料工場向けのFAクライアント・サーバシステムとなります。

セキュリティ対策として、サーバー・ディスクの二重化(RAID5)やリモート・メンテナンスを採用し、信頼性の向上をさらに高めています。

FOTCSを導入することにより、生産工場の製造工程や製品出荷設備の無人化はもちろん、監視制御、品質管理まですべての管理をコントロールできる無人化工場の実現をサポートします。